色々やった!脇汗を止める方法

手当たり次第に制汗剤を買ってみた

強烈な脇汗を止めるために、必死にネットで脇汗を止める方法を調べ、有効な方法はいろいろと試しました。特に脇汗を止める制汗剤はどれだけ試したことか!

とにかく手当たり次第に制汗剤を買いました。まずはスプレータイプから使ってみたところ、何も使っていない時と同じくらい脇汗は出てきました。ですから全く効果が無いのです。

次にロールオンタイプを使ってみました。脇の下に塗るだけで脇汗を止め、汗ジミを防ぐというものです。スプレータイプのものより効果はあるかな?と思いましたが、それでも多汗症である私の汗を止めることはできませんでした。

そして今度はクリームタイプを使ってみました。これで汗が止まらないとなると、かなりの重症です。お風呂上りに塗り、朝起きた時に塗れば1日脇の下はサラサラ!というキャッチコピーに惹かれて使ってみましたが、結果は変わらず汗は出続けています。

制汗剤では手に負えないくらいになってしまったのです。

 

直貼り汗パッドの効果

スーパーやドラッグストアで売られている汗取りパッドももちろん使いました。洋服に貼り付けるものはあっという間にパッドを通り抜け、汗ジミができてしまいました。そして脇に直接貼るシートタイプのパッドも使ってみました。脇に直接貼って、フタをするようなイメージです。

これは効果があるかも、と期待しましたがやはり多汗症の脇に良い効果はありませんでした。貼っても汗ですぐに剥がれてしまうのです。何度も貼り替えなければならず、すぐに剥がれるのに肌もかぶれてしまうという、散々な結果でした。

一体、私の脇汗を止める方法はあるのだろうかと途方に暮れていたのです。

脇汗が止まらない

ある日突然悩まされることに

子どもの時からよく汗が出るなと思っていましたが、あまり気に留めていませんでした。そして中学生になったある日、何でもない時に友人から「そんなに暑い?」と言われました。何のことかと思っていたら、「脇汗がすごいよ。服の色が変わってしまっているよ」と指摘されたのです。見ると、服の脇の下にくっきりと汗ジミができていました。それもかなり大きいシミです。この日から現在まで脇汗に悩まされることになったのです。

 

私の症状

私の症状は、脇だけにたくさんの汗をかく局所性の多汗症だと調べてみてわかりました。その他の部分はそれほど汗は出ません。汗が出るのは、暑い時はもちろんですが、緊張した時にも汗が出てくるのがわかりました。じわっと出るのではなく、だらだらと流れるような勢いです。このままにはしておけないので、脇汗を止めるための制汗剤などいろんなグッズを買い揃えました。

 

つらかった事

夏は全員が暑いと感じますしそれなりに汗をかきます。白いTシャツを着ていればそれほど脇が濡れていても気になりません。しかし問題は春や秋の気持ちのいい季節です。脇に汗取りパッドが付いている下着を着てTシャツを着て、そしてカーディガンを着ていてもカーディガンに汗ジミが付くのです。脇の下だけ色が違うので濡れているのは誰が見てもわかります。大勢の前で手が挙げられない、電車のつり革に掴まれないなどつらいことがたくさんあり、毎日のように脇汗を止める方法を考えていました。どうして多汗症になってしまったのだろうと思い悩んでいたものです。